ライフスタイル

新年の目標達成度は?今から達成させるなら、半期の計画を立てて結果にコミット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ2016年も半分が終わってしまいますね。「もう半分か…」、「まだ半分か…」、思うところは人それぞれだと思います。
つぶアンでは、2016年の半分が終了するということで、新年の目標が達成できそうか、全国の10代・20代の男女に聞いてみました。

ちなみに2016年が半分過ぎたことについて編集局内でたずねたところ、「もう半分か…」が多数派でした。あっという間に1年が過ぎてしまいそうです。

「新年の目標達成できそう」が半数。みんな結果にコミットしてる!

01_新年の目標達成度所感

「今年の目標(新年の抱負)は達成できそうですか?」とたずねたところ、もっとも多かったのは「できそう」で52%でした。およそ半数の方が結果にコミットしているようです。
「できそう」と回答した人は、どのような目標が達成できそうなのでしょうか。それぞれの所感ごとに目標立てた目標をみていきましょう。

02_新年の目標分類

「できそう」と答えた人がもっとも多かったのは、「勉強」に関する目標で42%でした。資格試験などはこれから本番を迎える方も多いと思いますので、そのままぜひ合格を勝ち取ってほしいです。
次に高かったのは、「ダイエットや美容」に関する目標で28%でした。「夏に水着を着るんだ!」と一念発起して、ダイエットの達成期限を夏休みに設けた方も多いのではないでしょうか。達成できそうという方は、夏休みが楽しみですね!

一方、「できなさそう」と答えた人がもっとも多かった目標は、「仕事」と「金銭的・経済的」な目標でそれぞれ25%でした。これは「どちらともいえない」と答えた人も同じで、それぞれ32%でした。

「仕事」に関する目標については、夏のボーナスがまだ出ていなかったり、半期ごとの評価がまだ出ていない場合は、目標が達成できそうか実感しづらいですよね。この半年の頑張りの「結果待ち」の状態の人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

貯金や倹約は、浪費癖がついていると貯まりにくかったり、貯める習慣をつけるのは半年だとなかなか難しいと思います。習慣を身に着けるのは難しいことですが、まだ半年あるので、あきらめずに、少しずつ貯めるよう習慣づけてみてはいかがでしょうか。

さらにつぶアンでは、目標を達成するために取り組んでいることについて聞いてみました。

周りに宣言するだけでは足りない?紙に書くだけでもダメ?何事も計画が大事!

03_新年の目標達成に向けて心掛けてること

「今年1年間の目標を達成するために取り組んでいること」についてたずねたところ、「達成できそう」と答えた人の中でもっとも多かったのは、「実現に向けて年間の計画を立てる」で30%でした。

一方、「達成できなさそう」と答えた人の中でもっとも多かったのは、「特に取り組んでおらず、取り組もうと思っているものはない」で35%でした。次に高かったのは「友人に宣言する」で20%でした。

新年の目標を達成させるためには、目標を掲げるだけではなく、当たり前のことですが実現させるための計画を立てることが達成への第一歩となるようです。また、「達成できそう」な人が取り組んでいることでは、「家族に宣言」が多いことから、家族は自分のことをよく知っているから忌憚のない意見をくれる、ということが目標へのコミットについてチェック機能を果たしているのかもしれません。

「友人に宣言する」だけだと、「達成できなかった」ときの自分へのプレッシャーもありますし、忌憚のない意見をくれるという点では、遠慮が入るであろうことからチェック機能という役割は果たしずらそうです。

加えて、「達成できそう」な人の回答で「手帳にはさむ」が3番目に高かったことを考えると、立てた目標や、年間の計画を手帳にはさみ常に頭に置いておくということも、日々のモチベーションを管理するために必要なことなのではないでしょうか。

「今年も目標を達成できなさそう」という方は、2016年の折り返し地点ということで、上半期の振り返りと下半期の計画を立てることから、「達成できそう」という方も気を抜かずに下半期を乗り切りましょう。

つぶアンでした。

——————————————————–
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「アンとケイト」
調査期間:2016年5月31~6月6日
調査対象:全国の10代・20代の男女(有効回答者:726名)
※上記のうち、「新年の目標を立てた」と回答した回答者のみ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

コメントを残す

*

Bitnami