食べ物

台風の日にコロッケが食べたくなる人はどれくらい?「台風コロッケ」現象は本当なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日から台風のニュースが続いており、特に、昨日は台風9号の影響で、帰宅時間帯に台風どこにいるのか気になったという方も多いのではないでしょうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160822-00010006-wmap-soci

台風といえば、ネットの隅で話題に上がるのは「台風コロッケ」です。
ネット上では台風が来るたびに「台風と言えばコロッケ」「コロッケ買ってきました!」というように、なぜかコロッケを食べる文化があります。この文化の発祥は2001年の2chの「上陸秒読み実況スレッド」の中で1人の実況民が「念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べてしまいました。」とつぶやいたことが始まりと言われています。
(参考: http://gigazine.net/news/20140808-typhoon-croquette/ )

そこでつぶアンでは、「台風コロッケ」について全国の10代・20代に調査してみました。

「台風コロッケ」を知っているのは14%、コロッケを食べたくなるのは8%

そもそも、「台風コロッケ」をどれくらいの人が知っているのか気になりますよね。
「あなたは、『台風コロッケ』を知っていますか?」とたずねたところ、14%が「知っている」と回答しました。
あなたは台風コロッケを知っていますか?
ネット上では、台風がくるたびに「台風コロッケ」が話題に上がっている印象だったので、「台風コロッケ」を知らないと回答した方が86%ということに驚きました。ネットの片隅で盛り上がっているだけなのかもしれません。
ただ、ここで諦めないのが「つぶアン」です。
「台風コロッケ」というワードは知らなくても、「台風の日にコロッケを食べたくなる人はいるはず!」という可能性にかけ、さらに「台風が来たときにコロッケが食べたくなることはありますか?」と尋ねてみました。
台風が来た時にコロッケが食べたくなりますか?

「台風が来たときにコロッケが食べたくなることがある」と回答したのは、8%という結果でした。台風だからコロッケが食べたい!と思うのは、やはりメジャーな話ではないのだと思いました。
しかし、「台風の日にコロッケ」を食べたいと思わないのであれば、何を食べたいと思うのでしょうか?
台風の日に食べたくなる食べ物と食べたくなる理由について聞いてみました。

台風の日に「食べたくなるもの」と「食べたくなる理由」

※回答の一部をつぶアンとケイトで編集をしています。

  • アイスクリーム:湿度が高くなり蒸し暑くなるから。 (石川県 29歳 男性)
  • うどん:なにか温かいものを。(東京都 28歳 女性)
  • おでん:温かいものがほしい(大阪府 29歳 女性)
  • お鍋:簡単に作ることができ、温まるので(埼玉県 27歳 女性)
  • カップ麺:緊急時の特別なワクワク感を感じる(京都府 23歳 男性)
  • シチュー:体を温めて気持ちも落ち着きたいから。(東京都 29歳 女性)
  • スルメイカ:台風の時は、溜まった映画やドラマを観ることが多いし、カロリーが低そうなスルメイカをつまみにしたくなる。(静岡県 27歳 女性)
  • そうめん:台風が来た日は窓もあけられず湿度が高いので、涼しくなれるようなものを食べたくなる。(長野県 26歳 女性)

回答で目立ったのは、「温かいものがほしいから」というものでした。
台風の日はなんとなく心細い気分になりますし、肌寒いような気もするので、温かいものが食べたくなりますよね。

ただ、多くの方は「特に食べたいものはない」という回答だったので、そもそも「台風だから何かが食べたくなる」ということはないのかもしれません(´・ω・`)
つぶアンでした。

【調査概要】
調査方法:インターネットリサーチ「アンとケイト」
調査期間:2016年8月22日
調査対象:全国の10代・20代の男女(有効回答者数:239名)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

コメントを残す

*

Bitnami