ライフスタイル

【得意になるにはレパートリー5品が分かれ目?】料理得意・不得意別、便利料理レシピサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

料理は衣・食・住の一つを担う、毎日の生活においてとても大切なことです。自炊は節約にもつながったり、手料理は異性の胃袋をつかめたり、食べたい料理を食べたいときに作ることができたり、料理ができると良いことばかり。でも一方で、「今日のご飯なににしよう…。」「作るのも片付けるのも面倒くさい。」「結婚前にはできるようにならなきゃ。」などなど、料理にまつわるお悩み事はいつになっても尽きないもの。

SNSなどで頻繁においしそうな手作り料理写真をみるようになってきましたが、果たしてみんな本当に料理が得意なの?どんなレシピサイトがオススメ?得意になるにはまずどうすればいい?そんな疑問にお答えするべく、20代以下の女性にホンネを調査してみました。

実は「料理は不得意」が6割!

【全体】あなたは料理が得意ですか?不得意ですか?

あなたは、料理が得意ですか?不得意ですか?」とたずねたところ、「得意」が40.5%、「不得意」が59.5%
で、全体の約6割「不得意」という結果でした。意外と皆さん得意ではないのですね。

では、結婚したら食べてくれる人もできるし、料理する機会も増えるし、得意になるのでは?ということで、未婚・既婚別にこの結果を分類してみました。

【未既婚別】あなたは料理が得意?不得意?

結果は

未婚:「得意」が37.1%、「不得意」が62.9%
既婚:「得意」が49.4%、「不得意」が50.6%

となり、既婚者では料理が得意な割合が増えるもの、未婚・既婚に関わらず不得意派が過半数という結果となりました。料理をする機会が増えても、料理の苦手意識を払拭するのはなかなか難しいようですね。それでは、「料理が得意」と答えられるくらい自信がつくには、どのような状態になっていれば良いのでしょうか?「得意」と回答した人の実態について、もう少し調べてみるべく「あなたが作れる料理のレパートリー数はどのくらいですか?」と聞いてみました。

5品が分かれ目!?自信が持てるようになるレパートリー数

料理の得意不得意別_レパートリー数

結果は、

料理が得意な人の6割以上が7品以上
料理が不得意な人の6割弱が3品以下

という結果となり、作れるレシピのレパートリー数に大きな差が出る事がわかりました 。

確かに、今日の夕飯の献立にしようかな〜と思ったときに、パッと思い浮かぶレシピがたくさんあれば、自信に繋がるのも納得できます。また、そのレシピレパートリー数の分岐は、グラフから「5品前後」にあるようにも見て取れます。
料理初心者の方や不得意な方は、まずは焦らずに和・洋・中・アジア料理などから幅広く、「5レシピ何も見ずに作れるようになる事」を目安にしてみると、少し肩の荷がおりて楽しくお料理できるのではないでしょうか?

それでは実際に料理をするときに、得意な人、不得意な人はそれぞれどんなレシピサイトを参考にしているのでしょうか。それぞれの段階にマッチしたサイトがあるはず!

結果は、得意・不得意ともに1位は「クックパッド」でしたので、今回は2位以下で注目のレシピサイトをご紹介したいと思います。クックパッドはレシピ数が多くて探しにくい!という人にもぴったりなサイトが見つかるかも?

クックパッド以外で、「料理が得意な人」が参考にしているレシピサイト

料理が得意な人が参考にしているサイト

「キユーピー3分クッキング」

「得意な人」がクックパッドの次に参考にしているのが、キューピー3分クッキングでした。
特徴は、TV番組と連動しているため、送していたレシピ動画を実際作るときに見直しできる(一部有料)所ではないでしょうか。
TVでレシピ番組を見ていて「あ、これおいしそうだな〜!」「今晩の献立にいれたいな」とおもったけれど、その場ですぐレシピをメモするわけにもいかないし、レシピテキストだけだと番組でやっていたのと同じように作れるか不安、ということってありますよね。そんなときに、TVとWEB動画がセットで見る事ができるのはとっても便利です。

クックパッド以外で、「料理が不得意な人が」が参考にしているレシピサイト

それでは料理が不得意な人はどんなレシピサイトを利用しているのでしょうか?
唯一、「不得意な人」の利用率が「得意な人」よりも大幅に多かったレシピサイトが、「ぐるなびレシピ」でした。

ぐるなびレシピの特徴は何と言っても実際ぐるなび掲載されているお店の現役シェフが家庭料理のレシピを教えてくれるというところだと思います。
サイトを見ていると、まかない料理を教えてもらっているような気持ちでどんどん読んでしまいます。また、レシピ数も「レシピ集」として使えるほど豊富です。このワクワクする仕組みが、料理に苦手意識がある人に嬉しいトコロなのかもしれませんね。

その他にも、
基本の家庭料理のコツ
食材ガイド(栄養素・調理・保存のポイント)

などもあり、料理を始めたばかりの人にも便利なコンテンツが充実しています。
また、昨年よりSNS上でのフォロワー数が数10万人単位で増加している料理動画メディアも「不得意な人」からは注目されているようです。

DELISH KITCHEN

KURASHIRU

ライフシアター

共通する特徴は

SNS上で見やすい正方形に動画を編集
動画の尺が30秒前後でレシピ全体がわかる
時短や節約レシピが多い
というところだと思います。

日常的に使っているSNSで、今夜の献立を提案してもらえるのは「毎日の献立考えるのも面倒」という人も大助かりですね!

つぶアンでした。

【調査概要】

調査方法:インターネットリサーチ「アンとケイト」
調査期間:2016年8月25日~8月31日
調査対象:全国の10代・20代の男女(有効回答者数:825名)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

コメントを残す

*

Bitnami