恋愛

モテる男子はできている!?女性がキュンとする男性の態度や仕草とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画やTVドラマで、好きなアイドルや女優・俳優さんの仕草や振る舞いにキュンとしたことがある人も多いはず。そもそも、その仕草がファンになるきっかけになることも。同じように、現実の恋愛の中でも「恋人にますます惚れてしまった」「ふとした仕草でキュンとして、好きになってしまった」、はたまた「友達だと思っていたのに、急に意識し始めてしまった」なんという話も聞くことが多いですよね。

果たして、キュンとしたことがある人はどれくらいいるのでしょうか?そして、具体的にどんな仕草や態度に対してキュンとするのでしょうか?今回は女性がキュンとする男性の仕草や態度に関して、全国の10~20代の男女に聞いてみました。

男性より女性の方が仕草や態度でキュンとしやすい傾向?

異性の仕草にキュンとなったことはありますか

「異性の態度や仕草にキュンとなったことがありますか?」とたずねたところ、男性で42.2%、女性で59.3%が「ある」と回答しました。

女性の方が異性の仕草に対して胸キュンしやすい傾向にあるようです。女性は男性のことをよーく見ているようです。これは見方を変えれば、男性が自分の仕草や態度に意識を向けることで女性のキュンは作れるのかもしれません。好きな異性に対して、ちゃんとした気持ちがあるのに、仕草や態度などの伝え方が間違っていてはモッタイナイ!

というわけでさらに具体的に、女性がキュンとする男性の態度や仕草について調べてみました。

異性の仕草で最もキュンとするものは?

異性の仕草でキュンとくるものは?top2

ランキング1位は「寒い日に手をつないだままポケットに入れる」の16.9%、2位は「車道をさりげなく歩いてくれる」の13.7%でした。1位の「寒い日のポケットtogether」は既に女性とある程度仲良しとなった後の話ですので、彼女のいない女性からは「そんなのそもそもできないわ!」と言われてしまいそうですが、実は1位と2位には共通点があります。それは「相手のことを大切にしてくれている」ということが直接伝わりやすい仕草や行動、ということです。「相手が大切だから、より暖かくなるほうほうで手を温めてあげたい」「相手が大切だから、危険な道路から遠い側にいてほしい」という気持ちが伝わるのかもしれませんね。

では続いて、男性がモテると勘違いしてしまいがちな下位の結果例に、さらに分析していきましょう。

知識・力持ち系は下位

異性のキュンとくる仕草bottom2

「PCやスマホで解らないところを教えてくれる」は0.8%、「開かない蓋を開けてくれる」は1.6%と下位の結果に。知識や力持ち系の回答は低めの結果となりました。これらの行動も相手に対しての優しさに変わりはないのですが、直接相手の女性を大切に扱ったり、守ろうとする度合いはさきほどの上位の2つよりは低め。

一方、ここで気をつけたいのが、1%前後でもこれらにキュンとするひとは「いる」、ということ。博識な男性や、力持ちの男性が好きな女性もいます。一方的に行動するのではなく、相手の女性が何を求めているか?を理解してから行動することが、相手を大切にしていることが伝わる結果となり、キュンとさせることにつながるのかもしれませんね。

ポイントは「さりげなく」×「大切にしてくれている」

  • さりげない親切な行動(岩手県 29歳 女性)
  • さりげなく守ってくれる(愛知県 29歳 女性)
  • さりげなく道路側を歩いてくれる(東京都 29歳 女性)
  • ふいに見せる優しさ(大阪府 29歳 女性)
  • ふとした時に手を繋いでくる(福岡県 29歳 女性)
  • 歩いていて人とすれ違うときに、さりげなく腰に手をまわして引き寄せてくれるところ(岐阜県 26歳 女性)
  • 不意に優しくされたとき(兵庫県 26歳 女性)
  • 人混みでさりげなく腰を寄せて守ってくれた (岐阜県 24歳 女性)
  • なにげなく、さりがなく「ありがとう」と言ってくれたことです (和歌山県 24歳 女性)
  • さりげなく車道側をあるいてくれた(神奈川県 17歳 女性)

フリーコメントでとても多かったのが、「さりげなく」「ふと」「なにげなく」などの表現。そのあとに続く内容も「大切にしてくれている」と感じられるものが多い結果となりました。「わざとらしくない」→「打算的でない本心であるということが伝わる」→「キュン!」ということでしょうか。確かに、わざとらしく優しくされても気持ちが悪いですね…。
「さりげなく」「相手を大切に思っていることが伝わる」仕草や行動をすることが、女性をキュンとさせる近道なのかもしれませんね。
つぶアンでした。

【調査概要】
調査方法:インターネットリサーチ「アンとケイト」
調査期間:2016年8月18日~8月24日
調査対象:全国の10代・20代の男女(有効回答者数:641名)
※記事中に使用しているデータは女性に限定しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

コメントを残す

*

Bitnami